ボートレースCMはうざい?嫌い・気持ち悪いと言われる理由をご紹介します

Boat Withの五十嵐 秀です。

今回は、ボートレースCMがうざい・気持ち悪いという話題について紹介します。

ボートレースCMがうざい・気持ち悪い理由のアイキャッチ画像

現在、テレビではボートレースCMが頻繁に放映されています。

そのため、1回は見たことがあるという方もいらっしゃるでしょう。

今をときめく旬の俳優や女優が出演しており、競艇に興味がない方も注目しています。

そんなボートレースCMですが、意外にもネット上での評判はあまり良くありません。

中には「うざい」や「気持ち悪い」と酷評する意見まであります。

人気女優などを起用しているのにも関わらず一体なぜ評判が良くないのでしょうか。

そこで今回は「ボートレースCMがうざい・気持ち悪いと言われる理由」についてご紹介したいと思います。

特に不評のCMやネット上のリアルな声まで調査したので、ぜひ最後までご覧ください。

監修者
Boat With 運営責任者
五十嵐 秀

Boat Withの運営責任者兼ライター。 過去、名古屋大学に在学しており、その時競艇にハマりました。 そこから10年以上毎日競艇を楽しんでおり、生涯合計舟券購入金額は4,000万円超え。 立派な競艇ファンです。笑 好きな競艇場は「常滑競艇場」。好きな競艇選手は「西岡育未選手」です。 あなたの”好き”を見つける手助けになるために。競艇をもっと楽しむために。競艇でもっと稼ぐために。 ”あなたの為になる情報”を日々更新しています!

続きを読む

ボートレースCMとは

ボートレースCMとは?の画像

ボートレースCMとは、ボートレースの人気促進のためにTVなどで放送されているCMのことです。

放映が開始したのは1980年代後半。

当初は、競艇選手がメインに出演していました。

ですが、1993年にタレントである寺田恵子さんが起用された事をきっかけに、競艇選手ではなく芸能人の方が主流となっています。

また、2000年代に入ると従来の単発方式から、何本かに分けてドラマ形式で放送するようになりました。

現在では毎年のようにキャストが変更され、旬の女優や俳優などが出演。

競艇ファンのみならずテレビ視聴者にも馴染みやすい内容となっています。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
最近では、テレビを見ていると必ず1回は見るほどボートレースCMが放映されていますよね!

これまでに話題となったボートレースCM3選

30年以上もの間、放送され続けているボートレースCM。

時代をときめく人気タレントなどが出演してきたので、放送される度に話題になってきました。

ここでは、これまでに放送されたボートレースCMの中でも特に話題になったものを3つご紹介したいと思います。

具体的には以下の通りです。

  • 2023年のボートレースCM
  • 2022年のボートレースCM
  • 2020年のボートレースCM

それぞれについて詳しく解説していきます。

意味不明という声が多数!2023年のボートレースCM

まず始めにご紹介するのは、2023年のボートレースCM。

3名の新キャストが追加された事で大きな話題を呼んでいます。

2023年のボートレースCMに関しては、別記事にて詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

ストーリーは、長谷川京子さん演じる「キョウコ」を軸に展開されていますが、この長谷川京子さんの起用に対して「意味不明」という意見が多いようです。

どうやら、長谷川京子さんには整形の疑いがあり、不快に思う方がいるのだとか。

そんな長谷川京子さんをメインキャストで起用したことが意味不明だと批判を受けているそうです。

ただ、批判の声はありつつもそれはごく一部。

整形に関してはあくまでも疑惑レベルなので、憶測だけで批判するのはあまり好ましくないと言えるでしょう。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
私もCMをチェックしましたが、特に不快感などは抱きませんでした。

演技が下手と話題!2022年のボートレースCM

続いてご紹介するのは、2022年のボートレースCM。

神尾楓珠さんや芋生悠さんなどといったトレンドの俳優を起用しているという事もあり、若年層からも注目を浴びました。

ですが、その一方で「演技が下手」や「セリフが意味不明だ」などといった批判が多いようです。

特に批判が集まったのが、第10話のゆりやんレトリィバァさんの演技。

「見とけよシドウさん!」というセリフが棒読みで演技が下手という声が多く挙がっています。

ただ、ゆりやんレトリィバァさんはお笑い芸人なので、演技力を批判されるのは少し気の毒です。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
CMを見てもゆりやんレトリィバァさんが持つ独特な世界感を感じられる内容なので、むしろ良いのでは?と感じました!

不快だと炎上!2020年のボートレースCM

最後にご紹介するのは、2020年のボートレースCM。

田中圭さんや武田玲奈さんなど人気キャストが出演したCMですが、放送した一部の内容が炎上してしまいました。

それは、第6話で武田玲奈さんが上着を脱ぐシーンです。

レース服を脱いだ武田玲奈さんは露出の多いスポーツブラジャーのような格好になり「抜いちゃった」と発言。

この露出の多さとセリフの内容が、全国放送のCMとして不適切であると炎上しました。

確かに、子を持つ方などからすると教育上悪影響に感じる事もあるかもしれないので、批判されるのも仕方ないとは言えますね。

制作側からしたらセクシー路線で話題を集めたかったのかもしれませんが、それが裏目に出てしまったようです。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
競艇を楽しむ方は男性が多いので、そういったところでセクシー路線にチャレンジしてみたのでしょうか。

ボートレースCMがうざい・気持ち悪いと言われる3つの理由

これまでに話題になったボートレースCMをご紹介しました。

ただ、話題になったとは言いつつも、ほとんどが批判や炎上といったものです。

ボートレースCMに不快感を抱いている方は意外にも多いようで、中には「うざい」や「気持ち悪い」といった辛辣な意見もあります。

では一体、なぜボートレースCMが批判されているのでしょうか。

ここでは、ボートレースCMが「うざい・気持ち悪い」と言われる以下3つの理由についてご紹介します。

  • セリフが過激なものが多い
  • キャスティングに不満を抱いている人が多い
  • 不快というイメージが定着している

特に違和感なくボートレースCMを視聴している方も、どのような理由で批判を受けているのか納得できる部分があるかもしれません。

ぜひ目を通してみてください。

セリフが過激なものが多い

セリフが過激なものが多いの画像

ボートレースCMが「うざい」や「気持ち悪い」と言われる理由の1つ目として、過激なセリフが多いという事が挙げられます。

過去に炎上したボートレースCMを見ても、特定のセリフが批判される事が多いです。

例えば2020年に放映されたCMの「先輩ヅラすんの、私に勝ってからにしてくれます?」というセリフ。

挑発するような表情も相まってか、不快に感じる方が多かったようです。

他にもセクシー路線や、意味不明なセリフなど視聴者を困惑させるようなものは度々炎上してきました。

あくまでフィクションであると割り切ればそこまで気にならないと思いますが、世の中には一語一句に敏感な方も多いようです。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
むしろ、このように話題になっているという意味では成功していると言えるのではないでしょうか!

キャスティングに不満を抱いている人が多い

キャスティングに不満を抱いている人が多いの画像

キャスティングに不満を抱いている方が、ボートレースCMを批判するといったケースも多いです。

例えば、2022年のボートレースCMに出演していたゆりやんレトリィバァさん。

ゆりやんさんは、独特な芸風で人気ですが、逆にその芸風を不快に思う方も多いようです。

そのような中、ゆりやんさんが起用された事によって一部の層から批判の声が挙がっています。

他にも特定の俳優さんや女優さんを良く思っていない方が批判するといった事が多いです。

なので、キャストを選ぶ際は世間からのイメージなども慎重に考慮する必要があるのかもしれませんね。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
競艇選手も十人十色なので、キャスティングも色々な方がいていいような気がします。

不快というイメージが定着している

不快というイメージが定着しているの画像

ボートレースCMが「うざい」や「気持ち悪い」と言われる理由として、そもそも不快というイメージが定着してしまっているという事が考えられます。

長い歴史のあるボートレースCMですが、これまでに多くの炎上や批判を受けてきました。

時事ネタに詳しい方などは、度々批判されるボートレースCMを見ているうちに、不快なものであるという偏見を持っている可能性もあるでしょう。

そのような先入観があると、些細なことでも目に止まりやすくなります。

なので、ボートレースCM=不快という固定概念が定着してしまっているというのも大きな要因なのかもしれませんね。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
様々なボートレースCMを見てきましたが、個人的に不快と思える内容はありませんでした。

うざいと評判?ボートレースCMに対するネット上の声

批判の声にさらされる事の多いボートレースCM。

では、具体的にどのような批判の声が挙がっているのでしょうか。

ネット上に寄せられていたボートレースCMに対する以下3つの意見をご紹介したいと思います。

  • 演出がダサいという意見
  • センスがないという意見
  • 出演者がうざいという意見

ボートレースCM視聴者のリアルな声を知る事ができるので、ぜひご覧ください。

演出がダサいという意見

ボートレースのCMてダサくないですか?
水上の格闘技ていうなら
もっとシリアス感出せばいいのに
選手の真剣な姿とか。

こちらは、ボートレースCMがダサいという意見。

投稿主は、水上の格闘技と呼ばれる競艇のイメージにそぐわないと感じているようです。

確かに、ボートレースCMの演出はコミカルなものが多く、臨場感のある本来の競艇とはかけ離れているようにも思えます。

そのため、熱心な競艇ファンからすると不愉快に感じてしまうのかもしれませんね。

ただ、ボートレースCMは競艇に興味がないライトな層を獲得する目的のはず。

現在のような演出でも、多少仕方がない部分はあると思います。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
確かに、シリアス感があるCMを増やすことでプロフェッショナルな競技であることは伝わりそうですね!

センスがないという意見

ボートレースのCMってなんなんですか。
あんな芸能人出てるから見に行こうとか正直思わないし、CM作ってる人のセンス疑うんですがどう思いますか。

この投稿主は、ボートレースCMのセンスを疑っているようです。

どうやら芸能人を起用したイメージ戦略に嫌気が差している模様。

ボートレースCM特有の独特な言い回しのセリフなども相まってか、制作側のセンスに疑問を呈しています。

やはり、競艇に縁もゆかりもない芸能人が出演することに不満を抱いている方が多いのでしょうか。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
芸能人の出演を一切無くせとまでは言いませんが、1人や2人は実際の競艇選手が出演しても良いかもしれませんね。

出演者がうざいという意見

渡辺直美の違うでしょーってうざいんですけど、なにが違うのでしょうか?
あのCMの意味が分かりません。。
教えて下さい。

こちらは、出演者がうざいという意見。

2019年のボートレースCMに出演していた渡辺直美さんが発した「違うでしょ」というセリフに対して、うざい感じているようです。

実は、このセリフに対して不快感を抱いている方は多く、ツイッターなどでも批判的な投稿が活発化している時期がありました。

どうやら「違うでしょ」というセリフのイントネーションが自分に対して叱責されているように感じる方が多いみたいです。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
実際にCMを見ると、確かに棘のある表現に捉える事もできるので、もう少し別のセリフをチョイスしたほうが良かったのかもしれませんね。

ボートレースCMがうざいまとめ

今回は、ボートレースCMがうざい・気持ち悪いと言われる理由について紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

まとめると以下の通りです。

Point!
  • ボートレースCMは意味不明という声が多数
  • ボートレースCMは演技が下手と話題
  • ボートレースCMは不快だと炎上
  • ボートレースCMはセリフが過激なものが多い
  • ボートレースCMはキャスティングに不満を抱いている人が多い
  • ボートレースCMは不快というイメージが定着している

現在も度々放送されているボートレースCMですが、独特な世界観が故に批判の対象になる事も多いです。

批判している方の割合的は、昔からの競艇ファンの方が大半を占めている印象。

ライト層獲得の意図を込めたポップな演出となっていますが、競艇ファンにとっては本来の競艇の魅力が伝わりにくいと感じているのかもしれません。

この批判が制作側まで届いているかは分かりませんが、ライトな層から競艇ファンまで万人受けするような内容のボートレースCMを期待したいですね。

【完全無料】競艇プロの予想を見る方法を大公開!

競艇は「他の公営ギャンブルと比べて当てるのは簡単」と言われています。

それでも実際に当てて稼ぐのは非常に困難です。

そこで、Boat Withがおすすめする競艇プロをご紹介します!

競艇プロ 収支 的中率 回収率
ボートアカデミー +2,054,860円 84.3% 219.6%
ボートセンター +1,549,300円 90.7% 184.9%
競艇ホットライン +2,354,860円 81.0% 269.1%

このプロは毎日無料で競艇予想を公開しているだけでなく、その予想の信頼度がかなり高いのです。

事実、私は実際に利用して毎月脅威のプラス収支を記録できています。

今なら、無料登録するだけで10,000円分のポイントが受け取れるキャンペーンを開催しているサイトもあるので、是非この機会に競艇プロの実力を体感してみてください!