競艇選手の嫌われ者をご紹介!ファンや選手から嫌われている理由を徹底追求!

Boat Withの五十嵐秀です。

今回は、競艇で嫌われ者の選手をご紹介します。

競艇選手で嫌われ者を紹介する記事のアイキャッチ画像

選手達は生活がかかっているため、命をかけて勝負をしています。

その激しさは「水上の格闘技」と言われるほどです。

そんな特殊な世界だからこそ、様々なトラブルも存在します。

そこで、今回は嫌われ者である選手について徹底調査!

競艇ファンや選手から嫌われる理由や、選手同士の不仲説についても触れています。

ぜひ最後までご覧ください!

本記事について
本記事の監修者 五十嵐 秀

Boat Withの検証結果や推奨利用方法は運営責任者である五十嵐 秀が監督しています。これまでの実績をもとに、数ある悪徳サイトの知識もしっかりと把握しており、どのサイトが信頼に値するのか細かく検証します。

競艇はユニークな選手がたくさん

現在、競艇界には1,600人を超える選手が在籍しています。

完全な実力主義の世界であり、サラリーマンのような固定給なんてものは存在しません。

給料はレース結果に応じて得られる賞金のみ。

「必ず勝つ」といった意志が無い限り、活躍することは難しいでしょう。

そのため、現在活躍しているのは個性的な選手ばかり。

そんな競艇選手について、以下で解説していきます。

なぜ競艇選手はファンから嫌われるのか

そもそも、なぜファンから嫌われる選手が存在するのでしょうか。

以下の2つの観点から解説していこうと思います。

  1. アウト屋はファンに嫌われづらい
  2. イン屋の選手を嫌うファンは多い

それぞれ、全く違う特徴があります。

解説していくので、ぜひご覧ください!

アウト屋はファンに嫌われづらい

結論から言うと、アウト屋はファンから嫌われづらいです。

では、アウト屋とはどんな選手を指すのか、簡単に説明します。

アウト屋とは、自らが好んで5・6コースからに出走にこだわる選手のこと

競艇はインコースが有利なため、勝つことを考えればインコースに入りたいはずです。

しかし、スタートやレース展開を考慮した上で、自らアウトコースを選択。

その特異なスタイルから、熱狂的なファンも多く存在します。

そんなアウト屋の中でも有名なのが「阿波勝哉」選手。

阿波勝哉選手を紹介する画像

地元の平和島競艇場では、オリジナルのサンドウィッチや3種類の丼が発売されるほど。

ペラ丼を紹介する画像

きゅうりでペラを型どっているのが特徴です。

平和島競艇場を訪れた際は、食べてみてください!

イン屋の選手を嫌うファンは多い

続いて「イン屋」についてです。

イン屋とはアウト屋の逆。

無理やりにでも、インコースを取りに行く戦法を取る選手のことを指します。

とは言え、ルールの範囲内で行っているため問題はないです。

しかし、ファンからすれば予想が難しくなったり、推している選手が不利になってしまう可能性があります。

そのため、イン屋は競艇ファンから嫌われている場合が多いです。

そんな特殊な戦法を採用している選手は、どのような人がいるのでしょうか。

代表的な選手は以下の3人です。

  1. 深川真二選手
  2. 西島義則選手
  3. 池田奈津美選手

上から順番に説明していきます。

以下をご覧ください!

深川真二選手

深川真二選手を紹介する画像

名前(ふりがな) 深川真二(ふかがわ しんじ)
生年月日 1974年06月06日
身長 166cm
体重 52kg
血液型 B型
出身地 佐賀県
支部 佐賀支部
登録期 71期
級別 A1

イン屋と聞いて、多くの人が思い浮かべるのが深川真二選手。

深インとなることを全く恐れないため、競艇ファンから「深イン真二」という異名で呼ばれています。

そんな深川真二選手の4〜6コースの進入率はほぼ0。

深川真二選手のコース別進入率を紹介する画像

ファンからは「コース利で勝率を残しているだけ」と言われており、かなりのヘイトを買っています。

西島義則選手

西島義則選手を紹介する画像

名前(ふりがな) 西島義則(にしじま よしのり)
生年月日 1961年10月30日
身長 166cm
体重 59kg
血液型 AB型
出身地 島根県
支部 広島支部
登録期 49期
級別 A1

2人目が西島義則選手。

63歳になった現在もトップレーサーとして活躍しています。

西島義則選手も3コースより外側だった場合は、ほとんどのレースで前づけ。

競艇ファンから「イン逃げの西島」や「インの鬼」と呼ばれています。

そんな西島義則選手のコース別進入率がこちら。

西島義則選手のコース別進入率を紹介する画像

4〜6コースの進入率はほぼ0です。

強引な前づけを行うため、ファンからのヘイトを買う対象となっています。

池田奈津美選手

池田奈津美選手を初回する画像

名前(ふりがな) 池田奈津美(いけだ なつみ)
生年月日 1994年01月16日
身長 161cm
体重 53kg
血液型 A型
出身地 福岡県
支部 福岡支部
登録期 116期
級別 B1

最後は池田奈津美選手。

福岡支部に所属する30歳の女性競艇選手です。

まだ年齢の若い池田奈津美選手ですが、2022年頃から徐々に前づけを開始。

2023年以降は、アウトコースへの進入はほぼありません。

池田奈津美選手のコース別進入率を紹介する画像

通常であれば先輩に気を遣い、若手の選手は強引なレースをしない場合が多いです。

それでも池田奈津美選手は、30歳であるのにも関わらず先輩選手に対しても前づけを敢行。

その強引さが嫌われている理由になっているのでしょう。

競艇選手の間でも嫌われ者がいる

ファンから嫌われている選手がいるのは分かりました。

自分のお金を賭けているわけですから、それを邪魔されたら当然嫌われますよね。

一方で、競艇選手の中にはファンからだけでなく、競艇選手からも嫌われている選手が存在するそうです。

実際にレース映像とともに紹介していきます。

ぜひご覧ください!

前づけを食らって不満が爆発する西山貴浩選手

まずは、西山貴浩選手です。

以下のインタビュー動画をご覧ください。

西山節炸裂ですねw

動画の中では、前づけをしてきた新田雄史選手に「6番がポンコツなんで」と発言しています。

さらに、インタビューの最後には「新田雄史嫌い」とコメント。

この発言の本気度は分かりませんが、元々マイクパフォーマンスが人気な選手です。

ファンを盛り上げるために発言している可能性もあります。

お互いを煽り合う磯部誠選手と峰竜太選手

次に、磯部誠選手と峰竜太選手。

2023年3月30日、三国競艇場で行われた「北陸艇王決戦優勝戦」でのインタビューです。

4号艇の磯部誠選手が、5号艇の峰竜太選手に対して「5番の邪魔だけはなんとでもしたい」という発言しています。

この発言に対して、峰竜太選手も応戦。

「4番が弱そうなので踏み台にしたいと思います」とコメントしています。

字面だけで見ると、かなり煽り合っているようにも見えるでしょう。

しかし、動画で見ると会場の雰囲気はかなり和やか。

普段からこのような関係と思われます。

中谷朋子選手が實森美祐選手を睨みつける

3つ目が中谷朋子選手と實森美祐選手です。

2023年10月24日、徳山競艇場で行われたレース。

問題のシーンは、1着でゴールをした實森選手が他の選手へ挨拶をしている時です。

中谷選手は相当怒っているのか、實藤選手が立ち去るまでの間、にらみ続けています。

レース映像を見る限り、實森選手が無理なレースを行った形跡はありませんでした。

過去に何かあり、その蓄積で怒りが爆発したのか・・・

真相は分かりませんが、映像を見る限り2人の間に何か因縁があるのではないでしょうか。

一時は口も利かなくなった松井繁選手と原田幸哉選手

最後は、松井繁選手と原田幸哉選手のシーンです。

不仲が噂されるようになったレースがこちら。

1周目第2ターンマークで、原田幸哉選手の得意技である「ダンプ」が松井繁選手に炸裂。

トップを走っていた松井選手は、大きく順位を下げます。

この行為をみた競艇ファンから、妨害行為ではないかという意見が多く飛びました。

その結果、松井繁選手と原田幸哉選手の不仲説にまで発展。

競艇界を大きく賑わせました。

しかし、この心配は杞憂に終わります。

松井繁選手と原田幸哉選手を紹介する画像

この1件の後、松井繁選手と原田幸哉選手が足合わせをしています。

足合わせとは、レース前の練習走行のことで、お互いが承認しないと行われません。

したがって、この2人の不仲説は、噂だけ先走った嘘であるという事が分かりました。

給付金の不正受給で嫌われる

給付金とは、コロナ禍によって影響を受けた個人事業主が受け取れる「持続化給付金」。

競艇選手は給付対象ではないのにも関わらず、受け取っていた選手がいたことで話題になりました。

しかも、この人数というのが合計で215名もいたことから、大きな問題に発展。

世間を大きく賑わせました。

罰則に関しては、選手の悪質具合により変わりますが、最も重い選手で出場停止4ヶ月間。

かなり重い罰が課せられました。

このように、本来は受け取れないものを受け取ったため、ファンから嫌われるのも当然といえば当然。

その財源が、国民が支払った税金ならばなおさらです。

このように、レースとは関係ない場所でファンから嫌われてしまうこともあります。

ネットの誹謗中傷のターゲットになり引退した選手も

有名になればなるほど、アンチというのは付いてきます。

それは、競艇選手に対しても言えることです。

そこで、誹謗中傷のターゲットになり引退してしまった選手をご紹介します。

その選手というのが、中村亮太選手です。

中村亮太選手を紹介する画像

中村亮太選手は2023年3月に引退をした競艇選手。

ルーキー時代は半年でB1に昇格するなど、将来を渇望され話題を呼んでいました。

しかし、その話題は競艇場外でも・・・

2013年のファン投票イベントで、自分の欄が埋められたマークシートを配布していました。

さらに、不正はその1件に留まらず、2022年には給付金の不正受給など、とにかく話題の絶えない選手でした。

それからしばらく経った2023年1月。

以下のようなツイートが投稿されました。

長年に渡り受けた選手からの集団によるイジメ…IEJOYHTK
それをデビューの時から把握していたのに助けず、一緒なってやっていた関係者…
そして助けてくれてたAUS
どこにもSOSは届きませんでしたね。
競走会本部で倒れていても自分で119番しろと30分以上も放置されて…
どうも自分は人間として扱ってもらえないみたいです。
辛かった…
もう走りたくない。
俺はファンの人達だけが好きでした。
ありがとう。
お迎えかな…さようなら
2023/01/11 4070中村亮太
出典:中村亮太選手のTwitter

このツイートが投稿された2ヶ月後に引退。

ツイート内の「IEJOYHTK」と「AUS」は、恐らく誰かのイニシャルかと思われますが、誰かは分かっていません。

いじめについても、中村亮太選手のエンジン吊りは誰も手伝わなかったなどの噂もありました。

真偽については定かではありません。

しかし、実際に行われていたとしたら、競艇のイメージダウンに繋がってしまうでしょう。

まとめ

今回は、競艇の嫌われ者について紹介しました。

お伝えした大事なポイントをまとめると以下の通りです。

Point!
  • アウト屋は印象が良く、相対的にイン屋は嫌われやすい
  • 選手に嫌われる競艇選手もいる
  • 集団での給付金不正受給が行われた
  • ネットの誹謗中傷を受けた選手も

嫌われる理由は様々ありますが、いかなる理由でも誹謗中傷をしてはいけません。

熱く応援するのはいいですが、その熱量を間違えないように注意しましょう!

【完全無料】競艇プロの予想を見る方法を大公開!

競艇は「他の公営ギャンブルと比べて当てるのは簡単」と言われています。

それでも実際に当てて稼ぐのは非常に困難です。

そこで、Boat Withがおすすめする競艇プロをご紹介します!

このプロは毎日無料で競艇予想を公開しているだけでなく、その予想の信頼度がかなり高いのです。

事実、私は実際に利用して毎月脅威のプラス収支を記録できています。

今なら、無料登録するだけで10,000円分のポイントが受け取れるキャンペーンを開催しているサイトもあるので、是非この機会に競艇プロの実力を体感してみてください!