競艇で人生が狂った!負けすぎてやばい時に立て直す方法を徹底解説します

Boat Withの五十嵐 秀です。

今回は、競艇で負けすぎてやばい・競艇で人生が狂った体験談と対処法について紹介します。

競艇で負けすぎてやばいのアイキャッチ画像

競艇は、公営ギャンブルの中で最も当てやすいとされている競技。

他の競技より、当たる喜びを手軽に味わえるという事から娯楽として楽しむ方が多いです。

ただ忘れていけないのは、競艇はあくまでもギャンブルということ。

依存性が非常に高く、競艇で負けすぎたことによって人生が狂ってしまったというケースもあります。

という事で、今回は「競艇で負けすぎてやばい・競艇で人生が狂った体験談と対処法」をご紹介。

競艇によって人生が不幸にならないようにするためにも、ぜひ本記事をご覧になってください。

監修者
Boat With 運営責任者
五十嵐 秀

Boat Withの運営責任者兼ライター。 過去、名古屋大学に在学しており、その時競艇にハマりました。 そこから10年以上毎日競艇を楽しんでおり、生涯合計舟券購入金額は4,000万円超え。 立派な競艇ファンです。笑 好きな競艇場は「常滑競艇場」。好きな競艇選手は「西岡育未選手」です。 あなたの”好き”を見つける手助けになるために。競艇をもっと楽しむために。競艇でもっと稼ぐために。 ”あなたの為になる情報”を日々更新しています!

続きを読む

競艇で負けすぎるとどうなる?3つのケースをご紹介

競艇はれっきとしたギャンブル。

思わぬ大金を手にする事もあれば、派手に負けてしまい一気に借金生活という可能性もあります。

では、競艇で負けすぎてしまうと一体どのような状況に陥るのでしょうか。

競艇で負けすぎると陥りやすい以下3つのケースをご紹介します。

  • ギャンブル依存症に陥る
  • 多額の借金を抱えて生活が破綻する
  • 犯罪に手を染めてしまう

それぞれについて詳しく解説します。

ギャンブル依存症に陥る

ギャンブル依存症に陥るの画像

競艇で負けすぎると、ギャンブル依存症に陥る可能性があります。

ギャンブル等依存症とは、ギャンブル等にのめり込んでコントロールができなくなる精神疾患の一つです。 これにより、日常生活や社会生活に支障が生じることがあります。
出典:消費者庁

競艇は公営ギャンブルの中で特に当てやすいとは言え、全券種の的中率は4.7%と当たらない確率の方が高いです。

そのため、負けが続くのは珍しいことではないと言えるでしょう。

ただ、その際に「1発で取り返そう」という考えは非常に危険。

負ければ負けるほど資金が減る一方で、負のスパイラルから抜け出す事ができなくなります。

こうなると、もはや自分ではコントロールできない状況に。

まさにギャンブル依存症に陥ってしまっていると言えるでしょう。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
「競艇は当たりやすい」という先入観でのめり込むのは非常に危険です。

多額の借金を抱えて生活が破綻する

多額の借金を抱えて生活が破綻するの画像

競艇の予想が当たり大金を得た時の快感は計り知れないものでしょう。

ただ、この快感が忘れられず大金を稼げるまで競艇に夢中になってしまうのは非常に危険。

気がつけば競艇中心の生活となり、生活費までも舟券代に使ってしまうといった状況に陥ってしまう可能性があります。

そうなると生活が破綻するのも時間の問題。

多額の借金を抱えて、生活すらもままらないといった最悪のケースも考えられます。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
競艇を楽しむのはいいことですが、自分の予算はしっかり決めておきましょう!

犯罪に手を染めてしまう

犯罪に手を染めてしまうの画像

競艇が原因でギャンブル依存症に陥り借金地獄となってしまえば、そこからの生活は地獄の始まり。

消費者金融は借り入れの限度額があるため、いつかはお金を借りる事ができなくなります。

そうなると、知人などを宛にする必要がありますが、多額の借金を抱えている人間にお金を貸す人などいないでしょう。

すると、借金をする事ができなくなり最悪の場合、犯罪に手を染めてしまうという事もありえるのです。

犯罪を犯せば社会的信用を一気に失います。

そうともなれば、まさに「競艇で人生が狂った」と言えるのではないでしょうか。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
消費者金融などから借りる前に、今一度考える時間を設けましょう。

競艇で負けすぎてやばい!人生が狂った6つの体験談

競艇で負けすぎると陥ってしまう可能性のある状況についてご紹介しました。

では実際、競艇で負けすぎたことによって人生が狂ってしまった人はいるのでしょうか。

ここでは「競艇で負けすぎてやばい!人生が狂った6つの体験談」と題して、実際の体験談をご紹介します。

具体的には以下の6つです。

  • 競艇で200万負けて貯金が0円に
  • 競艇で負けすぎて22歳にして借金が400万円に
  • 競艇で1,000万円負けて精神科通いになる
  • 競艇で負けすぎて家庭が崩壊
  • 競艇で全財産を失い自殺を考えるように
  • 競艇で借金を作り生活が困窮

皆さんも同じような道を歩まないよう、反面教師的な意味でご覧ください。

競艇で200万負けて貯金が0円に

ボートレースで人生が終わりました。半年で200万負けて貯金を失いました。まだ23だい幸い借金もありません。まだなんとかなりますか?

この方は、僅か半年の間に競艇で200万円を失ってしまったそうです。

借金がないのは不幸中の幸いかもしれません。

ですが、競艇に対する取り組み方を改善しない限り、今後は借金生活となってもおかしくありません。

投稿主の方はまだ23歳。

新卒もしくは学生でもおかしくないような年齢です。

まだまだ人生は長いので、今のうちに派手なお金の使い方を矯正する事が望ましいのではないでしょうか。

競艇の適切な楽しみ方を学んで、人生をリスタートしてほしいですね。

競艇で負けすぎて22歳にして借金が400万円に

私は競艇にどハマりした22歳です。
競艇をやりだしてから貯金してあった200万を失いそして借金を400万つくり、たった2年で600万というお金を失いました。
私と同じような境遇の人がいましたらどのようにして生き繋いできましたか、、?

この方は、競艇にハマりすぎるがあまり、2年間で総額600万円もの大金を失ってしまったようです。

これはまさに、ギャンブル依存症の典型的なパターン。

ギャンブル依存症に陥ると、負けを取り返そうと大金を注ぎ込んでしまうといった傾向があります。

投稿主は22歳という若さでギャンブル依存症に陥ってしまった模様です。

まだまだ人生これからといった年齢なので、今からでもやり直す事はできます。

しっかりと病院に通い、ギャンブル依存症克服してほしいですね。

競艇で1,000万円負けて精神科通いになる

ギャンブル(競艇)で負け金額が今年で1000万円の大台を超えた馬鹿な40歳男です。ギャンブルをやめれたきっかけと負け金額はいくら位かご教授下さい。
競艇を始めて5年目、今年も100万マイナスで大台の1000万円超えてしまいました。

これだけ膨れ上がった理由は簡単、勝つ時は多くて一日2~3万万円、負ける時は負けを取り戻そうと躍起になり気がつくと一日50万位に負けが膨れあって。

そして自己嫌悪に陥り精神的にもズタズタの状況になりギャンブル依存症の専門科に通い、一時的にやめれても長くて半年でまた競艇に手を出し負けての繰り返し。

自炊や車を持たずこつこつ時間をかけて貯めたお金が一日であっという間に無くなる恐ろしいギャンブル。

25%引かれた控除率、勝てるわけが無いと頭では分かっているんです。

ドラッグも再犯率が高くやめる事が難しいように、ギャンブル依存症もやめる事は出来ないと人生あきらめるしか無いんでしょうか?

この方は、競艇を始めてからの5年間で1,000万円もの大金を失ってしまったそうです。

その結果、精神面が崩壊。

現在は、ギャンブル依存症克服のため精神科に通院していると言います。

投稿主のように、競艇で人生が狂ってしまった方は精神面が不安定な事が多いです。

心の余裕は人生において非常に重要な事。

ストレスを溜め込んでしまえば、それを発散するために競艇に大金を注ぎ込んでしまうというケースもあります。

そのため、競艇で人生を狂わせないためにも、常日頃からストレス軽減を意識して生活する事が重要と言えるでしょう。

競艇で負けすぎて家庭が崩壊

主人のギャンブル依存症(競艇)借金、浪費で離婚を考えています。ギャンブル依存は治ったり、治らなくても限度を考えて出来るようになったりするものでしょうか?
子供もいるので離婚は最終的なことだなとは思っていますが、好きなので離婚すれば頻回には会えなくなってしまうからどうすればいいかなと思ってます。

離婚をされた方、
離婚して良好な関係を築いて定期的に会われてる方など参考にしたいので教えてください。

ギャンブルについてもわかる方教えてください。

出典:Yahoo知恵袋

こちらは、投稿主の旦那さんが競艇で借金を抱えてしまったケース。

ギャンブル依存症に陥ってしまい、家庭の生活費を捻出できなくなり離婚を検討しているようです。

自分だけならまだしも、家庭を持っている場合はとても深刻。

競艇で負け続ける事によって、大事な家族までも不幸にしてしまう恐れがあります。

一家の大黒柱がこのような状態では話になりません。

そのため、家庭を持っている方でギャンブル依存症の疑いがある場合は、早急に治療する事をおすすめします。

競艇で全財産を失い自殺を考えるように

競艇で負けて全財産失いました。自殺も考えてます。自信のあるレース買目教えて下さい。助けて下さい、お願いします。

この方は、競艇で負けた事によって全財産を失ってしまった模様。

その結果、精神的に追い込まれ自殺を考えるまでになったようです。

競艇は、大金が一瞬にして消え去る可能性があるギャンブル。

生活する上で重要なお金をつぎ込み負けてしまえば、一気にどん底へと転落してしまうでしょう。

そもそも競艇というのは、人生を豊かにするための娯楽の1つです。

それにも関わらず競艇で負けた事によって、自殺を考えてしまえば元も子もありません。

競艇で勝負する際は、負けても生活に支障が出ない程度に楽しむ事が重要と言えるでしょう。

競艇で借金を作り生活が困窮

極度のギャンブル依存症です。
ありえない負けが続いています。先月競艇を始めて今日までで190万負けて借金まみれになりました。
色んな予想屋から買っても買った時に限ってハズレ。固いレースも賭けた時に限って荒れ、賭けなければ固く終わる。この前も中穴狙いで32通り買ったはずが31通りしか買えておらず見事に買ってなかった1通り(70倍)が来ました。今日も買ったはずの目が買えておらずその目が来ました。厚く賭けた艇に限って転覆、3レース賭けて3レースとも転覆で外したこともありました。これはよくあることなんでしょうか…
自分が賭けた時に限って全て裏目に出て今こんな状況になってしまいました。もうギャンブルはしたくありません。
手取り15万、返済5万、生活費5万。毎月自由なお金が5万円しかないです。何か生きる希望をください。また楽に生きられるマインド、考え方を教えてください。。お願いします。

この方は、競艇が原因で重度のギャンブル依存症に陥ってしまった模様。

結果的に、190万円負けた事によって、生活が困窮しているようです。

競艇を楽しむ上での大前提は、生活に支障をきたさない程度のお金を賭けるということ。

現在の収入と照らし合わせて、明らかに競艇の負担が大きい場合は、生活が困窮する恐れが高くなります。

そのため、競艇で勝負する際は、生活費などのコスト面を考慮する事が重要と言えるでしょう。

競艇で人生が狂ってしまう人の3つの特徴

ここまでは、競艇で人生が狂ってしまった人の実際の体験談をご紹介しました。

ここからは、実際の体験談を元に競艇で人生が狂ってしまう人の3つの特徴をご紹介したいと思います。

具体的には以下の通りです。

  • 負けたら取り返そうとする
  • 心に余裕がない
  • 間違った予想をしている

それぞれについて詳しく解説していきます。

負けたら取り返そうとする

負けたら取り返そうとするの画像

競艇で人生が狂ってしまう人の特徴の1つとして、負けたら取り返そうとするという事が挙げられます。

大前提として競艇というものはあくまでもギャンブルです。

そのため、確率的に言えば負ける事の方が多いと言えるでしょう。

それにも関わらず、負ける度に次のレースで取り返そうとしていては、マイナス収支が増え続ける一方。

負のスパイラルに陥ることで気がつけばお金が底をついて人生が狂ってしまうといった事も考えられるでしょう。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
負けたら取り返そうとせず、一度期間を空けるなど工夫が必要ですね!

心に余裕がない

心に余裕がないの画像

心に余裕がないという方も競艇で人生が狂ってしまう事が多いです。

日頃から、仕事や家事などストレスが溜まる場面が多いと思います。

ストレスを発散する方法は人によって異なりますが、中には競艇で一攫千金を狙おうとストレスのはけ口にする人もいるのです。

競艇予想はお金が絡んでくるものなので、健全に楽しむためにはある程度の自己管理が必要となるでしょう。

ですが、心に余裕がなければ闇雲にお金をつぎ込んでしまうといったケースも考えられます。

さらに負けがかさむ事でよりストレスがたまり、そのストレスを発散するために舟券を購入するといった悪循環に陥ってしまうのです。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
競艇でお金を使ってストレスを発散する前に、他にストレスを緩和できる方法がないか考えましょう!

間違った予想をしている

間違った予想をしているの画像

競艇自体をあまり理解しておらず、間違った予想をしているという方も競艇で人生が狂ってしまう可能性があります。

競艇は公営ギャンブルの中では比較的当てやすいとされているので、とにかくお金欲しさに賭ける方も多いようです。

ですが、当たりやすいとは言うものの天候やモーターなど様々な要素に左右されやすい競技なので、一筋縄ではいきません。

ビギナーズラックで当たるという事もあるかもしれませんが、基本的にはあらゆるデータを加味して予想を考える必要があります。

そのため、片手間の知識では継続して当てる事は難しく、間違った予想をしていれば負けが続いてしまうでしょう。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
Boat Withでは、競艇予想の仕方を詳しくご紹介しているので参考にしてみてください!

競艇で負けすぎてやばい時の3つの対処法

競艇で負けすぎると、人生にも大きな悪影響を及ぼす事でしょう。

それが原因で人生が狂ってしまうのでは非常に勿体ないです。

という事で、ここでは競艇で負けすぎてやばい時の以下3つの対処法をご紹介します。

  • 競艇で負けた時は一旦冷静になる
  • 競艇以外の新たな趣味を見つける
  • 医者に診断してもらう

競艇で人生が狂ってしまう前に、以上の事を参考にしてみてください。

競艇で負けた時は一旦冷静になる

競艇で負けた時は一旦冷静になるの画像

競艇で負けた際は、まず冷静になる事が重要です。

負けてしまった時は、悔しさのあまり興奮状態になる方も多いでしょう。

ただ、そのような方の大半はリベンジ目的で次のレースで取り返そうと勝負します。

負けが続けば続くほど大赤字になってしまう恐れがあるので、勢い任せで勝負するのは良くありません。

冷静さを失い周りが見えていない状況になると、適切な判断をすることができなくなります。

そのため、競艇で勝負する際は負ける事を覚悟した上で望み、仮に負けたとしても冷静さを失わない事が重要と言えるでしょう。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
負けて感情的になってしまうことは分かりますが、一旦落ち着く時間を設けるようにしましょう。

競艇以外の新たな趣味を見つける

競艇以外の新たな趣味を見つけるの画像

「競艇で負けすぎてやばい」という状況を脱するには、競艇から一旦距離を置くというのも1つの手でしょう。

そこでおすすめなのが、競艇以外の新たな趣味を見つけるという事です。

新たな趣味と言っても、パチンコや競馬といったギャンブルだと意味がありません。

例えば、何かのスポーツに打ち込んでみたり、自分が興味のある分野の本を読むなど、自分にとってプラスになる趣味が良いのではないでしょうか。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
人生を豊かにするという意味でも、競艇だけではなく他の趣味を見つける事をおすすめします!

医者に診断してもらう

医者に診断してもらうの画像

「競艇で負けすぎてやばい」と自覚をしていても、どうしてもやめられないという方もいらっしゃると思います。

そのような場合は、ギャンブル依存症の可能性が高いです。

ギャンブル依存症は自分の力で治すのは非常に難しいので、専門的な知識を持つ医者に診断してもらうのが良いでしょう。

Boat With 運営責任者
五十嵐 秀のコメント
治療は早ければ早いほど克服しやすいので、少しでも不安な方はお近くの医療機関を受診してみてください。

競艇で人生狂ったまとめ

今回は、競艇で負けすぎてやばい・競艇で人生が狂った体験談と対処法について解説・紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

まとめると以下の通りです。

Point!
  • 競艇で負けすぎるとギャンブル依存症に陥る
  • 競艇で負けすぎると生活が破綻する
  • 競艇で負けすぎると犯罪に手を染める可能性がある
  • 競艇で負けすぎた6つの実体験を紹介
  • 負けたら取り返そうとすると競艇で人生が狂う
  • 心に余裕がないと競艇で人生が狂う
  • 間違った予想をすると競艇で人生が狂う
  • 競艇で負けたら一旦冷静になる
  • 競艇で負けすぎると新たな趣味を見つける
  • 競艇にのめり込んでいる場合は医者に診断してもらう

競艇は娯楽として魅力的な部分が多いですが、一方でのめり込みすぎると人生に悪影響を及ぼす危険性もあります。

実際、競艇で負けすぎた事によって人生が狂ってしまった方も多いです。

そのため、健全に競艇を楽しむためにも、ぜひ本記事の内容を参考にしていただきたいと思います。

【完全無料】競艇プロの予想を見る方法を大公開!

競艇は「他の公営ギャンブルと比べて当てるのは簡単」と言われています。

それでも実際に当てて稼ぐのは非常に困難です。

そこで、Boat Withがおすすめする競艇プロをご紹介します!

このプロは毎日無料で競艇予想を公開しているだけでなく、その予想の信頼度がかなり高いのです。

事実、私は実際に利用して毎月脅威のプラス収支を記録できています。

今なら、無料登録するだけで10,000円分のポイントが受け取れるキャンペーンを開催しているサイトもあるので、是非この機会に競艇プロの実力を体感してみてください!